NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 活動報告 > 被災地復興支援活動 > 福島エリア 被災地復興支援活動報告
活動報告

福島エリア 被災地復興支援活動報告

2018年7月26日 木曜日

【活動名】 大熊町 仮設住宅 健康ヨガ

【開催日時】 2018/5/16  10:30~11:30

【開催場所】 福島県会津若松市一箕町 一箕町長原仮設住宅

【対象者】 一般・高齢者

【参加人数】 2名

  (内1名は「みんぷく」(復興住宅のサポートを県より委託されているNPO法人)の職員)

【参加者の感想】

 *数年前に手術していて、そこがまだ痛みがあるので、体をほぐすような動きをしたら少し

  体が楽になった。

 *町主催の体操教室と重なり、参加者が少なくなってしまい残念だ。

 *「みんぷく」の方からは、災害復興住宅の方にも声かけてみる、との話があった。

【参加した会員の感想】

 *長原仮設住宅の自治会長さんは参加者が少ないので、体調が悪いのに参加してくださった。

 *災害復興住宅の方にも声かけて、参加してもらうようにはたまきかけたほうがよい。

【企画責任者の報告】

 *他の仮設住宅の方にも参加していただけるよう、役場に依頼してネットで情報を流してもらっ

  ているが、チラシを配るなどの工夫が必要と思われる。

 *「みんぷく」の方に、災害復興住宅の方に参加してくださるよう働きかけていただいたので、

  今後について「みんぷく」の担当者と相談した。

  災害復興住宅の方たちは町で行っている「体操教室」に参加していて、「ヨガ」にはあまり

  興味がない様だった、とのこと。来年3月末には大熊町役場が大熊町に戻る事になり、

  役場主催の行事が無くなるので、秋頃に役場の方と相談するのが良いのではと言われた。

 *6月は仮設の方と私たち会員の日程が合わなかったので休みになってしまい申し訳なかった。

  7月は「体操教室」とぶつからないように木曜日に調整して行う予定。

 

 

 

 

 

  

ページトップへ戻る