NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 活動報告 > 東日本大震災被災地支援活動 > 被災地での無料ヨガ教室ご報告23年9月~12月
活動報告

被災地での無料ヨガ教室ご報告23年9月~12月

2011年12月24日 土曜日

☆宮古市宮町自治会館

 ヨガの後のティータイムは仮設での生活話で盛り上がり(?)、遅くなっても
なかなか解散する雰囲気になりませんでした。
30分くらいと思っていたのですが、みなさんお話しが溜まっていたようでした。

☆釜石市上平田集会所
 去年の12月から始まった教室でしたが、3か月弱で震災にあいできなくなって
しまったのですが、今回再開することができました。
今回はその時の生徒さんにも何名かお会いすることができました。
震災後前向きになりだした人が、ヨガでさらに加速していただきたいと思います。
最後に「気持ちよかった」という言葉を聞いて、少しホッといたしました。

☆釜石市平田地区サポートセンター
 楽しみにしてました、と笑顔で歓迎され嬉しかったです。
草津節を2回歌い、声を出し、身体も動かしました。背中をタッピングし、今回
は特別メニューと喜ばれました。

☆大船渡市長谷堂仮設住宅集会所
 被災者の方は元気に笑ってお話しされてますが、家族の方が亡くなって居たり、
いろんな事情のある方が多くいらっしゃいます。会話や指導には気を使います。
毎日の健康法に役立てば…と思います。

☆仙台市港南西公園仮設住宅
 ずっと編み物をしていて肩がこっているという方や、肩や腰の辛そうな方が他
にもいらしたので、肩・背中を中心にほぐす動きと、深い呼吸ができるようなく
つろぎ、マッサージを行いました。終わった後は皆さん顔色が良くなり、肩こり
が楽になった、気持ちよかったと喜んでくださいました。

☆仙台市福田町南公園仮設住宅
 何度も行ううち、すっかり顔なじみのメンバーになりました。
みなさん、呼吸法も少しずつ習得され、リラックスするのが早くなってきました。

☆気仙沼市松崎浦田 松岩寺
 参加者は家を流された方が殆どです。大抵は女性の参加者が多い中、ここの教
室は男性と女性の割合が半々なので、良いことだと思います。
特に男性は漁師さんが多く、身体を動かす度に「いでで」「固くて曲がんね」
「足つったぁ」など皆さんで和気あいあいとできるところがとても良いです。
皆さんの暖かさに助けられ指導させていただいていることに心から感謝します。
仮設での生活も並大抵ではないと思います。でもヨガをして頂くことで、日々の
生活の励みにしていただけたらなあと思います。

 

ページトップへ戻る