NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 活動報告 > 宮城県 東松島市コミュニティーセンター すこやか学級
活動報告

宮城県 東松島市コミュニティーセンター すこやか学級

2012年10月26日 金曜日
日時 2012年10月16日10:00~11:30
場所 宮城県東松島市
           東松島市コミュニティーセンター
すこやか学級(連続講座の第5回目の枠にて)
市内の親子  15組
★感想
1歳から4歳までの親子ヨガを行ってきました。

年代ごとに出欠を取ると、2歳のお子さんでも、ちゃんと手を上げて返事してくれる子もいて、とても関心しました。
わらべうたを歌いながら、準備運動をしたり、曲に合わせて輪になり、色々な歩き方にチャレンジ。
低年齢でも上手にバックして歩けていたようです。
手をつなぐのが恥ずかしいと感じるお子さんもいましたが、手を取り合って、みんなで楽しむことを体験していただきました。

ねこのポーズで出来た輪の下を、お子さんたちが楽しげにくぐり、上に跨り、しっかりと体を動かせたようでした。

「親子で楽しめるヨガ」がテーマだったのですが、後半になるとお子さんは、ボランティアの方々と遊ぶ姿が多く、お母様方が中心のヨガに変更。
普段、気づくことが難しい自分の癖やゆがみを感じていただきました。

幅広い年代であり、満遍なく対応できない点もありました。
また、お母様のだっこから、中々離れられないお子さんも多くみられ、地域柄、少なからずとも震災の影響を感じずにはいられませんでした。

当日、こちらの準備が悪く、関係者の皆様のご協力の元、無事に終えられたこと、大変感謝しております。
ありがとうございました。

~~~

 

ウォーミングアップの「金づちトントン」がとても楽しかったです。

また、歩きながら円を作り、いろいろな歩き方をしたのも良かったと思います。
ただ後ろ向きに歩くだけでも、いい運動になることがわかりました。
今日は、子どもが遊ぶおもちゃやスペースが用意してあり、お世話をしてくれるボランティアの方々もいらっしゃいました。
そして今日の活動が5回目ということで、子どもたちはその環境に慣れつつあったので、かえって親子一緒にヨガをする、という時間をとることが難しかったように思います。
そんな中で、子どもと母親の様子を見ながら、準備してきたプログラムにとらわれず、臨機応変に指導していたのが、すばらしいと思いました。
今日は、今までとはまた違った環境での親子ヨガに、アシスタントとして参加させていただき、とても勉強になりました。また、親子ヨガの難しさを感じました。

参加者のアンケート

アンケートでいただいた声の抜粋です

~~~~~

・運動はしたいと思ってもなかなか子供がいると出来ず、ストレスもたまる毎日を過ごしていたので、すごくリラックスできました。ゆっくり深呼吸することもなかったのでとても気持ち良かったです。
・親子で一緒に体を動かす事が出来、気持ち良かったです。ふだん使わない筋肉を使い、リフレッシュできました。短時間でしたがとても楽しかったです。
・いつか参加してみたいと思っていた親子ヨガができて、大満足でした。自分の体がとても硬いとわかったのはショックでしたが、いいリフレッシュになりました。子供も楽しかったようです。時間を見つけて家でも実践してみたいと思います。
・普段体を伸ばしたりする事が少ないのでたくさん伸びてとても気持ちよかったです。今回は子供が遊びに夢中だったので一緒にポーズをとる事が出来なかったが、家で実践してみたいです。
・骨盤がひらいていると思っていたけど、意外ともどっていてよかったです。もう少しヨガっぽいポーズをしてみたかったです。
・身体がぽかぽかしてきて、リラックスしました。家でやったら馬になりそうですが子どもと楽しく出来たら良いです。後ろ歩きとか、つま先、かかと歩きとか家や外でやってみようと思いました。
・体がやわらかくなったような気がします。毎日の育児の合間に、ちょっとでもとり入れられたらいいなあと思いました。楽しかったです。

 

ページトップへ戻る