NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > よくある質問 > ヨガについて > どんなヨガをやっているのですか?
よくある質問

どんなヨガをやっているのですか?

2013年2月25日 月曜日

ハタヨガを基本とし、高齢者ヨガ、オフィス向けヨガ、子育て支援としてベビーヨガ、キッズヨガ、親子ヨガ、マタニティヨガ、産後ヨガ、そして障がい者ヨガも行っています。

高齢者ヨガ

できること、動かせるところからすこしずつ・・関節の硬縮予防、筋肉の委縮予防、血行促進をこころがけてのヨガです。一般的に高齢者は呼吸が浅くなりがちなので、呼吸が深くなるように少しずつ身体をうごかしていきます。

高齢者にとって大切な介護予防を中心に、自立を目標とした健康生活支援をしていきます。

子育て支援ヨガ

マタニティーさんも含め、育児中のパパ、ママがお子様と充分スキンシップできるよう取り組みます。 目を見てのコミュニケーションの大切さや体を動かすことの楽しさをあじわっていただけるよう、またお子様には次の発達段階へ向けてお手伝いになるようなヨガの動きをします。

学校教育向け

クラス仲間とのコミュニケーション、親子の絆、保護者と教職員の連携などを図りながら、教育の三本柱である「知育・徳育・体育」をテーマにヨガの動きをおこなっていきます。

ハンディキャップヨガ

一人ひとりと向きあって声掛けをし、適度な運動のお手伝いをします。

参加者の自己表現を大切にし、心のリラックスを目的とした楽しい内容でプログラム。障害があっても社会に参画できる自信と、生きる事への意欲や喜びを感じられるよう取り組みます。

病院向けヨガ

患者さんの症状にもよりますが、主に回復期でのサポートとしては適度なストレッチのお手伝いを中心に、寝たきりの方にはハンドマッサージやフット加圧法などを取り入れて全身の血行促進を行います。深くゆっくりとした呼吸ができるよう、腹式、胸式の呼吸の練習をしながら健康自立生活への支援を致します。

企業向けヨガ

集中力、業務能率アップのための身体のほぐし、目や肩、腰など、職場で起こりがちな局所的症状へのヨガ対処方法をお伝えします。 そのままの服装で、その場でできる簡単で効果的なヨガです。

他、それぞれのご要望にお応えできるよう、定期的な研修会や勉強会などで専門分野でのヨガ技能者の資質向上を図っております。

ページトップへ戻る