NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 日本YOGA連盟からのお知らせ > 会員向けのお知らせ > 宮城県名取市 派遣活動への研修開催の報告
お知らせ
活動報告

宮城県名取市 派遣活動への研修開催の報告

2013年7月17日 水曜日

【目的】 身近にあるストレスによる引きこもり、うつなどの軽減にヨガをすることがセロトニンホルモンの分泌に有効であることに着目。震災以降にも増加している精神 疾患の予防、軽減に役立ててもらえるよう地域事業開催へ向け、会員の意識、知識向上を目的とする。対象者は会員のみ。

【日時】  2013/7/13(土)9:00~17:00

【場所】  名取市上余田公会堂

【内容】  セロトニンについての講義

それにマッチするヨガの実技

今後の展開について話し合う

【参加者の感想】

・有意義な一日でした。内容が良かったと思います。皆さんとお会い出来て楽しかったです。またお会いしたいですね。良い一日でした。

・セロトニンの本は読んでいたのですが、昨日のように、活字だけでなく直に教えていただけると、理解の度合いが全然違いました。今日改めて読んでみたら、スーッと入ってきてうれしかったです。昨日学んだことを、自分がどう使っていくか、クラスでどう生かしていくか、まだ手探り状態ですが、試行錯誤していきたいと思います。そして、さらに、今の社会には、本当に必要だと思うので、何としても役立てていきたいと思いました。一人の力には限界がありますが、昨日遠くからでも学びに来てくださる仲間がいるということは、すごい力になると思いました。微力ながら、頑張っていきたいという意欲が掻き立てられた1日でした。みなさん、ありがとうございました。

・とても貴重な一日でした。目から鱗ですね。大変勉強になりました!ヨガの指導の在り方自分の指導の参考にすごくなりました。

・セロトニンという正体がわかったので、これから心と身体を元気に、そして加齢を華麗にしたいと思います。リズム運動は得意分野なのでこれを取り入れた内容をやっていけたらと思ってます。

ページトップへ戻る