NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 活動報告 > 滋賀県東近江市 東近江市社会福祉センター「ハートピア」活動報告
活動報告

滋賀県東近江市 東近江市社会福祉センター「ハートピア」活動報告

2013年9月20日 金曜日

【日時】2013年 9月 8日 14:00~16:00

【場所】滋賀県 東近江市 東近江市社会福祉センター「ハートピア」

【依頼元】東近江市聴覚障害者協会

【派遣活動先】

【参加人数】17名

【対象者】聴覚障害者、盲ろう者、健聴者

【参加者の感想】
(聴覚障害の女性、30代)私は前ヨガの体験をしたことがあります。一般人と一緒にやったことがあって、私は耳不自由なのでやっぱりついてゆけない面もありました。ヨガの意味が全く分からなかったです。今回は聴覚障害者だけの企画があって、そこに参加してみたら、よく分かりやすかったです。参加して良かったです。

【担当講師の報告】
中学生~高齢者と幅広い年齢層で、聴こえない人達が集まってのヨガとなった。
手話通訳が見えやすいよう室内の照明を調整し、参加者が手話と講師を見やすいように全員が輪になって行った。1つ1つの動き、話すスピードをゆっくりにして進めた。盲ろう者(1名)も、スタッフのポーズや動きをまずは手で触って確認。何のための動きなのか等の説明は触手話で通訳を受け、よく理解しながら参加されていた。健康についての話も熱心に聞いておられ、質問もたくさん出て時間が足りないくらいであった。
一番心がけたのは障害があるという事に特別の感覚で指導しないように普通通りに指導させて頂いた。メニューは幅広くヨガを理解し楽しんでも
らえる様、心がけた。

【アシスタント会員の感想】
・聴覚障がいの方対象のヨガは初めての経験でしたので、初めは不安もありました。ですが、最初に簡単な手話も教えてもらい、時には手話も使ったり、身振り手振りを交えながら一緒にヨガができて貴重な時間をすごさせてもらいました。
・今回、初めて(視)聴覚障害の方とヨガに参加させて頂きました。皆様と接する中で、どこかで、限界を決めて、全力を出すことを恐れて生きている自分を恥じました。生き生きとヨガを楽しんでおられる皆様を見て、もっと自分を好きになるように生きていこうと思いました。かけがえのない出逢いに感謝しております。ありがとうございました。

【派遣従事会員数】   4名

ページトップへ戻る