NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 活動報告 > 地域貢献活動 > 宮城県仙台市 イキイキ生活サポート講座活動報告
活動報告

宮城県仙台市 イキイキ生活サポート講座活動報告

2014年2月20日 木曜日

【開催事業名】イキイキ生活サポート講座

【日時】2014/2/11(火曜日・祝日) 9:45~11:45

【場所】宮城県仙台市青葉区  エルパーク・フィットネススタジオ

【参加人数】12名

【事業目的】

現代人の多くの方が感じているストレス。過度になると様々な心身の症状が現れます。その症状について正しく理解し、自分や身近な人などのことをサポートする方法を考える講座です。

また、ストレスと密接に関連していると言われているセロトニン神経は、脳や内臓に存在し、自律神経の調子を整え、心身に意欲や活力をもたらす働きがあります。
セロトニンヨガにより、歩行・呼吸・リズム運動などを取り入れながら心の免疫力を高めていきます。

【参加者の感想】

・大変役に立ちました。毎日の生活に取り入れたいと思います。

・とても良い時間でした。参加してよかったと思います。

・自分がっている事の確認ができました。

・ボディーワークをもっとやりたいです。

・わかりやすくて身近な話題でした。

・大変具体的でわかりやすい講座でした。

・楽しい時間を過ごすことができました。

・自分自身や周りの方へのアドバイスができそうです。

・セロトニンについてよくわかりました。実技も今までのヨガともまたちがって楽しかったです。

・ゆったりのヨガができてリラックスしました。

 

【企画担当者の報告】

前半の講演では、ストレスとその関わりがある病気について、具体的事例を踏まえ、大変わかりやすく説明していただきました。日頃からのチェックや気づきなどが大切であることを理解することができたのではないかと思います。

講演を踏まえ、実技をすることで、より自分を見つめながらすることができたのではないかと思います。

【参加スタッフの感想】

・大類先生のお話が、身近でわかりやすく、2部のセロトニンヨガの実習にもつながるお話で、とてもよかったと思います。

2 部では、セロトニン神経について知っていただき、毎日の生活の中に取り入れられるセロトニンヨガを紹介しました。参加者の方は、みなさんヨガの経験のある 方々でしたが、さらにヨガの効果や良さを深く知り、感じていただけるよう努めました。身体を動かしているうちに、笑顔やリラックスした表情が増えてきたよ うに思います。参加者の方々のこれからの健康生活にセロトニンヨガが役立つこと、そして、家族や身近な人の健康生活にまで広がって行くことを願っています。

・専門(精神科医)の先生の話は事例を取り入れられ、とても分かりやすく、特にストレスは人生のスパイスであるというのは”そっか“と納得しました。ストレスが全くないのも問題で大事なのは対処法を身に付けて上手に処理することが大切。そうなるとセロトニンヨガはうってつけですね。たくさんの人にひろめられればいいですね。ヨガの実技は和やかな雰囲気の中やりやすかったです。

・大変具体的でわかりやすい講座でした。講演は事例もあり、良くわかりました。ストレスについて、上手に処理する方法が良いとわかりました。二部もていないなお話、実技でよくわかりました。青森でセロトニンヨガをすすめるのに参考にさせていただきたいと思います。

・楽しい時間を過ごすことができました。講演は理解できました。実技も大変おもしろかったです。

 

【事業の成果】

講演と実技を続けて行う企画は、それぞの効果を十分に引き出すことができると感じました。

心の病はけっして珍しいものではなく、身近であることを参加者のみなさまかそれぞれに感じ、このような企画を今後も続けていく必要があると感じました。

ページトップへ戻る