NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 活動報告 > 被災地復興支援活動 > 岩手県宮古市 川井村保健センター活動報告
活動報告

岩手県宮古市 川井村保健センター活動報告

2015年6月5日 金曜日

【活動日】2015  年 6  月  4 日
【都道府県・市町村名】岩手県宮古市川井村
【活動先名】宮古市保健福祉部健康課「こころの健康事業」
【活動場所】川井村保健センター
【対象者】高齢者                
【所要時間】40分
【参加人数】  5名(内訳  男性1、女性4  )
【年齢の詳細】50代~70代
【参加者の感想】

  • 初めてヨガをしました。身体を動かして軽くなると、心もすっきりできると言う説明に納得しました。
  • 膝の痛みがなくなりました。動かして痛みが薄れるということにびっくりです。

【担当講師の報告】
今日から被災地支援が始まりました。こころの健康事業ということで宮古市の保健福祉部より依頼されての活動です。

参加者さんは地域にお住いになられる高齢の方々で、血圧の検査や尿検査、健康相談などをしてから「ヨガ」を体験します。

ヨガが運動や体操以上に優れた「呼吸法」であるということや、呼吸でこころとからだの状態を安定に導くことができるというお話しながら進めました。

40分の時間でしたが、皆様真剣に聞いて懸命に呼吸を学び身体を動かしていました。そして実際に変化したところに気づいて大変驚き、喜んで下さいました。
お医者様やお薬に依存せずに健康を維持することがとても大切であると言うことや、自分の努力でそれができるということを少しでもわかって頂けて本当に嬉しく感じます。

ページトップへ戻る