ヨガについて
ホーム > ヨガについて > ヨガを生活に取り入れるヒント

ヨガを生活に取り入れるヒント

本来のヨガの目的は「悟りを体得し他の生物とは違う人間としての正しい生き方を求め、生きとし生けるものすべてが共栄共存できる平和な社会を創ることにある。」といわれており、その為に「ココロとカラダをすこやかにする」と伝授されています。

高度情報化社会と言われる現代。忘れつつある本来の人間としてのあるべき姿をもとめ、ヨガの智恵をお借りし、ヨガが特別なものではなく、日々の生活の中に取り入れることで、その姿を取り戻していきましょう。

起床後、就寝前のヨガ

朝晩毎日行ってみてください。ヨガアーサナがより効果を発揮することでしょう。

朝 ~起床後~

窓を開ける

屋外の光や空気をお部屋や自分の身体に取り込みましょう。


コップ一杯の水を飲む

洗顔時、体温と同じ位のぬるま湯を飲み、体内の老廃物を出やすくしましょう。

ウオームアップ法 1~2分

息を吐きながら軽くカラダを動かしましょう。前向きな今日も一日頑張ろうという気持ちになります。

正座法 3~5分

姿勢を正しゆったりとした呼吸をしましょう。ココロが落ち着き、頭がクリアになり、起床後の行動が機敏になります。

発声法(目覚めの誓い) 声を出しましょう!

「おはようございます。」と自分や周りに挨拶をします。
大きく口を開き「今日も一日元気よく精一杯あらゆることに全力実行で行う」ことを誓います。
さあエンジン全開です!

 

夜 ~就寝前~

歯磨き 洗顔

口腔内をしっかりうがいしましょう。

入浴

身体が温まり気分が和らぎココロも浄化します。

心身の浄化はヨガ八支則のニヤマにあるサウチャーを実行することに繋がります。

正座法 3~5分

ゆったりとした時間を楽しんで下さい。一日の疲れが取れココロが落ち着き、カラダを睡眠へと誘います。

発声法(眠りの誓い)

静かな声で「おやすみなさい。」と自分や周りに挨拶をします。
一日を振り返っての反省と明日への誓いをたてましょう。

 

ヨガは体を動かすアーサナと思われがちですが、毎日続けて一つひとつのことを積み重ねることで、ココロやカラダの変化に気付きやすくなり、自分の良い状態、悪い状態の見極めができるようになります。そうすることで本来の自分の姿を取り戻していくことができるようになってきます。
本来の姿を取り戻せば、アーサナがやりやすくなったり、あなたの目指す姿になることでしょう。

ページトップへ戻る