NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 日本YOGA連盟からのお知らせ > 会員向けのお知らせ > ディサービスの状況
お知らせ

ディサービスの状況

2011年12月24日 土曜日

一昨日、盛岡市包括支援センターへ行って、盛岡市のデイサービスの状況を調べ
てきました。
今後中心にお願いできそうな岩手の方と一緒に。

市内80箇所ある施設は、今はどこも経営難。
理由は、高齢人口に対し、施設が多すぎる。
これだけ増えると、選ぶ側は特徴ある場を望みだす。
温泉つきとか、リハビリマシン完備など、施設の充実が大事になってくる。
また、なにより経営困難にさせているのは、職員の確保。
看護士、介護士、ヘルパー、保健福祉士、生活相談員など、常駐規定職員が必要であるが、人材確保に派遣が充実されていない。
最低受け入れは10人からで、成り立つ。
立地条件、個性あるサービスなど、よくよく調べてからやらないと青息吐息だとのこと。
なんと、フラダンスサークルがつくったフラデイサービス施設がありましたよ!
売りは、フラダンスで足腰を鍛えます!だそうです。
ヨガなら果たしてどうでしょうか?

包括支援センターの方、曰く、各施設は余暇タイムの案に頭を悩ませてますから、直営よりむしろ、ヨガの指導員の派遣をします、と、案内を出した方がニーズではないか?と。
80箇所の名簿を戴きました。
盛岡市はこんな感じ。
他はどうか会員の皆さまに調べて戴きたい。


以上、ご報告でございます。
段階を踏んで一歩一歩でしょうか。

ページトップへ戻る