NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 活動報告 > 東日本大震災被災地支援活動 > 宮城県多賀城市での被災地無料ヨガ教室のご報告
活動報告

宮城県多賀城市での被災地無料ヨガ教室のご報告

2012年2月29日 水曜日

 

☆3/15(木) 多賀城市鶴ケ谷  多賀城中学校仮設住宅

前回体調を崩されていた方も回復され、楽しみにして参加して下さいました。狭い住居ではなかなかできないので、月に1回でも身体を動かすことが出来て、すっきりするし、気持ちがいいとのお話でした。姿勢の悪さがやはり目立つので、きちんと座れる姿勢を目指していただくようお話しました。

ここの会場をもって、仙台地区の無料ヨガ教室は終了となります。色々な方との出会い、大変勉強になりました。

以下、参加者からの感想です。

「受身のマッサージも良いが、やはり自分で体を動かす大切さ、気持ち良さは、ヨガに興味があった私には最高!先生には続けていってもらえたらありがたいです。ヨロシクお願いします。」「仮設住宅に住むようになってから、縮こまった姿勢でいる事が増えたので、体を伸ばせる様にいろいろな体の動きをとるのは気持ちが良かったです。肩こりや腰痛もひどかったのですが、ほぐれたような気がします。また続けてやりたいと思います。」「いつも使わない筋肉を伸ばしたりできて、とても気持ちよかったです。みんなでしゃべりながらやる雰囲気も良く、楽しく時間を過ごせて、気分も体もリフレッシュできました。ありがとうございました。」「普段していない様な体の動きや、ポーズは最高に気持ち良さそうで、家でしたいと思います。」

☆3/6(水) 多賀城市鶴ケ谷  多賀城中学校仮設住宅

時間になってもどなたもお集まりいただけなかったので、住居周辺をまわり、声かけしました。天候も雨だったり、まだまだインフルエンザなどの感染症が蔓延している状況です。本日は開催することができませんでした。

☆2/28(火) 多賀城市鶴ケ谷  多賀城中学校仮設住宅

スタートは3名からでしたが、あとから人数が増え、最終的には部屋がいっぱいになるほどの方にご参加いただけました。みなさん、体を動かすことを楽しみにしていらして、やる気十分。まずはどのくらい体が動くのか確認の意味でも、軽めの内容を行いました。ゆがみの確認をしたり、足元が冷えるとのことで、靴下を重ね履きしているので、丁寧に足先をほぐしました。

途中から参加して下さった方が、場の雰囲気を和らげてくださり、最後は笑いながら終えることができました。肩が軽くなった、短い時間でもすっきりした、また来てほしいとのお声をいただき、可能な限りお伺いすることをお約束してきました。

ページトップへ戻る