NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 活動報告 > 東日本大震災被災地支援活動 > 岩手県 支援事業 岩手山登山客の為の青空ヨガ活動報告
活動報告

岩手県 支援事業 岩手山登山客の為の青空ヨガ活動報告

2013年11月6日 水曜日

【日時】2013年7月6日、7月20日(2タイム)、8月3日の計4回

【事業名】岩手山登山客の為の青空ヨガ

【開催場所】岩手県滝沢村柳沢地区 馬返し岩手山登山口

【参加者】登山下山客22名

【目的】山登りを安全に、楽しくできるように身体をほぐす

【参加者の感想】

山でのヨガは初めてですが、脚や腰が楽になって登りやすい
気持ち良い
下山後は早く温泉に入りたいのでヨガはいらない

【講師担当会員の感想】

駐車場が下にあるのですが、登山の方はそこで準備体操をすでに済ませていて、ヨガの案内は珍しそうにしてみていきますが、やる人は少ない。呼び込みに工夫が必要。お天気しだい、というのがなかな大変でした。

【企画担当者の報告】

柳沢地区ツーリズムの会さんに協力山ヨガの知識を学ぶボランタリー講座を開催し5人の活動員を育成。

連盟の横断幕、のぼり旗、ブロック、ヨガ開催の案内の看板作成

岩手山の登り口は数か所あり、ここは結構きついコースのせいか、のぼり客が少ない様子でした。

ヨガに呼び込むのが慣れていなくて、登山客は気づかないでさっさと登っていくようでした。

今回の支援は被災者の方々がJTBのバスで登山をしにくる、という企画で、協力の形でしたが、途中で企画倒れになったりして、連盟は人材を育成したことを活かすために止めないで続けました。

もう少し綿密な計画のもと、行うことで無駄がなかったかと思います。

    

  

【派遣従事会員数】延べ14名

ページトップへ戻る