NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 日本YOGA連盟からのお知らせ > 2014年ヨガのふるさとでの奉仕活動研修ツアー報告
お知らせ
活動報告

2014年ヨガのふるさとでの奉仕活動研修ツアー報告

2014年5月10日 土曜日

ヨガのふるさとでの奉仕活動研修ツアー
東インド・マザーテレサと、インドの伝統文化に触れる旅。  
2014年2月15日~2月22日(土)8日間
添乗員 大塚辰則(大陸旅遊)  現地添乗員 パンカジ・プリ
参加者 宇部実智子 龍村修 他8名(岩手3、新潟1、青森1、兵庫1、滋賀1、奈良1)

5000年以上の歴史を持つ大陸に生まれたインド国は、古くて新しい顔を持つ国である。一見矛盾と思えるようなことがうまく秩序化されていてそこに住む人々の様々な暮らし方が成り立っている、とても興味深い国である。

今回の研修の目的は「ボランティア精神を学ぶ」と言うこと。
東日本大震災直後から我々NPO法人日本YOGA連盟は被災地でのボランティア活動を続けている。震災で困難に直面した方々が心身ともに健康で平安に生活できるよう様々な支援活動をさせて頂いているが、そんな中つくづく感じるのはボランティア活動を継続することの難しさである。時間や資金が続かないと不可能なのはもちろんのことだが、心と身体のポテンシャルが維持できなければとても困難なことだと思う・・・。
世界中から奉仕活動者が集まる国、インド・・そこではボランティア精神はどのように根づいているのだろうか・・?

 

ページトップへ戻る