NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 活動内容 > 講師(インストラクター)派遣事業 > 学校・教育向けヨガ
学校・教育向けヨガ

学校・教育向けヨガ

日本YOGA連盟の学校・教育向けヨガは、幼稚園や保育園、小学校、中学校、高校、大学、進学塾などにおいて、思春期や受験期など子どもたちが普段の生活の中で、日々知らず知らずに受けているストレスを和らげ、学校教育の三本柱である「知育・徳育・体育」について、体とココロの両面の健康をサポートする目的で行われます。

講師派遣のご依頼をいただいた教育機関に当連盟の公認インストラクターが伺い、正しい姿勢や運動能力を高める統一体を学ぶためのヨガのポーズや、集中力のアップや脳の活性化を促進するための呼吸法などの指導を行います。

室内だけに限らず、屋外でも行うことが可能であるため、学校行事のレクリエーションの一つに取り入れるなど、様々な場面でのプログラムの企画も可能です。

体とココロのバランス感覚を楽しみながら学べるプログラムとして、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

学校・教育向けヨガは大きく分けて、

  • 親子ヨガ
  • ベビー親子ヨガ
  • レクリエーションヨガ
  • フィールドレクリエーション親子ヨガ

などがあります。

親子ヨガ

親子ヨガの様子親子ヨガは、親と子どもが一緒にヨガをすることによって、親子で体とココロのコミュニケーションを楽しむことができます。

ペアでヨガを行うことで、子ども達のカラダの基礎を築き、集中力を育成し、自律神経を整え、ココロとカラダのバランス感覚を身につけられます。また、大人はカラダの凝りや心の疲れを緩和されるなどの効果があります。

ベビー親子ヨガ

ベビー親子ヨガの様子ベビー親子ヨガは、普段は子育てに忙しい母親と赤ちゃんがスキンシプを目的として一緒に楽しむヨガです。

母親は赤ちゃんと触れ合うだけでなく、出産後の骨盤のゆがみを修正したり、子どもの体重を利用してバランス感覚を養ったりしながら、心身ともにリフレッシュできます。

 

レクリエーションヨガ

レクリエーションヨガの様子お友達と競いあったり調和したりしながら、ヨガを行うことで自然なコミュニケーションが身につきます。

子ども達の成長を手助けするヨガを、体育授業や学校行事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

フィールドレクリエーション親子ヨガ

フィールドレクリエーション親子ヨガの様子フィールドレクリエーション親子ヨガは、青少年育成活動を目的として行われます。

子ども達の長期の休みなどを利用して、地域社会で活躍している大人とのふれあいを体験することで、地域社会の未来を担う子ども達の「自主性、協調性、命を慈しむ精神性」を育成し、将来の夢や希望につなげる取り組みを行います。

 

講師派遣ご依頼の流れ

講師・インストラクターの派遣依頼など
お気軽にお問い合わせください
大阪大学 様
handa
人数:大阪大学院生6名
時間:1時間30分
会場:大阪大学 人間科学研究科 建物内

普段学問や研究をされてる場所でのヨガということで、少しでもリラックスしてヨガに集中できるよう関節照明を用意し、「頭を使って体を動かすことが少ない生活」のアンバランスを普段の生活の中で整えていくヨガを体験してもらいました。脳の休息と自律神経の安定につながる内観の大事さや呼吸の効果についても説明させていただき、練習に取り組みました。

「ポーズをしてみて、体に必要な筋力やバランス力がないことに気づいた。」
「呼吸をちゃんとすると難しいと思った。」
「激しく動いてないのにジワ~ッと汗をかいた。」
「寝てしまいそうなくらいリラックスできた。」
等々、お喜びの声を多数頂戴いたしました。
仙台市宮城野区PTA連合会Cブロック健全育成事業
takasago
参加人数:120名
所要時間:約1時間
会場:小学校の体育館
指導内容:親子ヨガ

ブロック内の小中学生の健全育成事業としてご依頼をいただきました。近年懸念されている子供たちの体の柔軟性の低下を受け、親子でヨガの正しい動きを学び、心身ともに健康増進を図ることを目的に行いました。

「子どもとの接し方に呼吸が使えそうと思いました、たくさん動いて楽しかった、みんなで輪になって協力できました、体が硬くて大変なところもありました。」など多数のお声をいただきました。
ページトップへ戻る