人材育成
ホーム > 活動報告 > 人材育成 > ヨガインストラクタートレーニングキャンプ活動報告

ヨガインストラクタートレーニングキャンプ活動報告

2021年11月20日

【活動名】 2021年度ヨガインストラクタートレーニングキャンプ(兼:養成講座担当者講習会)

【活動日】 2021/10/29 ~ 2021/10/31

【活動場所】 静岡県賀茂郡河津町 いりあい村

【対象者】 正会員・賛助会員

【参加人数】 6名

【活動内容】ヨガインストラクターを目指す方々や、すでにインストラクターとして活動している方向けの合宿型研修会。

      技術偏重思考のインストラクター育成が増える中、指導させていただく者として最も大切な精神性の成長を促し、

      あらゆることに気づき深く受容できる心の柔軟性、積極性を養い、実践力を奨励することを目的とする。

【企画責任者の報告】

おかげさまで、怪我や体調を崩す方もなく合宿は無事終了しました。

初日から二日目までは秋空と太陽に恵まれ、二日目早朝のご来光瞑想は大変素晴らしいものとなりました。(この時期の海、日の出の状況は比較的安定しているとの事)

新型コロナの感染状況が収まってきた時期でしたが、マスク、ディスタンス、検温を守りつつ、触れ合いヨガ講座はきちんと手指消毒を済ませて行いました。合宿後の個人の体調の状況についてはしばらくの間、観察をお願いしています。

沖ヨガの生活総合ヨガ体験である合宿の素晴らしい内容、参加者は充分に味わい感動していました。ひとえにいりあい村のスタッフの方々のおもてなしのおかげ様です。心より感謝申し上げます。

 

 早朝のご来光呼吸法

 

 岩場での朝日瞑想

 

 いりあい村 回廊

 

 三日目昼食 玄米おむすび 持ち帰りができるよう、おむすびを用意してくださいました。

 

八目うどん 具だくさんの体を温める野菜うどん。合宿での夕食は、蕎麦かうどん。消化の良いものをいただきます。

 

【参加者の感想】

☆普段のお教室でのヨガは技術的、体操的なものに偏りがちであったと反省いたしました。

気の流れ、エネルギーの流れをもっと大切にしつつ指導をさせていただくことで、より多くの生徒さん方に届くものがあると、忘れかけていたものが再び湧き出てきました。明日からの指導に役立たせていただきます。

指導してくださる先生のもとで、また同じ心を持つ仲間と共に、太陽が昇ることを感謝したり、冥想行法をさせていただいたり、樹木に触れたりすると、知っているようで知らなかったり、忘れたものに気付いたりしました。何度も何度も繰り返し行うこと、何度も教えていただくことが大切で、その機会がある今の環境が何と恵まれていることかと感謝の心になっています。

でも、またすぐに忘れるでしょうから、何度も何度もこのような空間に身を置くことが大切だと思います。

 

☆今回、トレーニングキャンプに申し込みをする際、正直な所とても勇気がいりました。泊まり込みでヨガをすることは子育てを理由に避けていたからです。

空腹でいただいた朝のみそ汁はとっても体にしみました。普段はちょいちょいと食べ物をつまんでお腹が空かないようにしていたので、食べ過ぎていたのだと思います。

朝、浜辺でのご来光。想像を上回る感動がありました。

怒りたくなってしまう感情が最近とても強く、必死で耐えたり、耐えられずに怒ってしまっていました。今回学んだ「懺悔心」。依頼心が非常に多かった。エゴが強かった。周りは私を許してくれていた。優しい人々に囲まれて生きていたのに気づいていない…。家族も、職場の方も、いてくれてありがたいことでした。

ここまで3日がかり。それも大自然の中で、里の暮らしをはなれて、やっとの思いでちょっとわかったので、現代の社会生活では無理かもしれない…でも、なるだけこの成長を長く持ち続けたいと願っています。

マッサージ、気功、全て天国気分でいいのかな?!と感じつつ、とてもエンジョイしました。

 

☆二泊三日のトレーニングキャンプがこれほど短く感じた事がどういう意味か

呼吸法で心と身体を癒し、刺激を与えてくれ、体を動かすアーサナは明日に進もうと思う気持ちを生み出し、活力が生み出されてきます。

目に見えるものだけでなく、目に見えない物の事を深く考えさせて頂いた三日間でした。

ページトップへ戻る