NPO法人日本YOGA連盟は、病気予防・体質改善を目指しヨガを通じたボランティア活動・社会貢献活動を行っております

ホーム > 活動報告 > クアオルト
活動報告

クアオルト

活動報告の詳細は、当連盟の公式facebookページにも掲載しております。
是非ご覧くださいませ。

青森エリア 健康ウォーキングヨガインストラクター研修会

2017年11月9日 木曜日

【開催名】 健康ウォーキングヨガインストラクター研修会

【開催日時】 2017/11/5  10:00~17:00

【開催場所】 青森市 道の駅ゆ~さ浅虫

【対象者】 会員

【参加人数】 5名

【参加者の感想】

     *ハード過ぎない適度な負荷の山登りが心身に良いとういうことが体験して実感

      しました。自然と繋がる感覚、適度に歩くことが心地良かったです。一人で出

      来る修正法が、手軽に活用できそうで勉強になりました。

     *歩くこと、ヨガの組み合わせ本当に良いと思います。自然の流れを感じる大切さ

      を実感出来ると思いました。

     *エネルギーや氣という言葉が気になる方がいるということを知りました。

      場所や天候により予定していたことができなくなることがあり、自分の引出しを

      大きくするために、常に学ばなくては行けない事を実感しました。

     *今回の研修の内容は、普段のヨガの指導にも使える内容で、特に骨盤前後の傾き

      修正は、年齢に問わず猫背の方が多いので、早速ヨガ教室でも使わせて頂きます。

      地元の地域の方々に健康ウォーキングを広めていきたいです。

     *今まで以上に、深く学ぶことができ引き出しが増えた思いです。実践ですぐ使える

      よう準備しておきたいと思います。

【企画責任者の報告】

     *学ぼうという意識の高い会員でしたのでとても良い感じだったと思います。

     *多くの会員に参加していただきたかったです。

 

         

健康ウォーキングヨガインストラクター養成講座を開催しました

2016年11月6日 日曜日

【研修会名】 健康ウォーキングヨガインストラクター養成講座
【開催日時】 2016/9/14   15:30  ~ 17:00                  
【開催場所】 山形県上山市 上山保健センター 健康教育室
【参加者の感想】

1、ウォーキングにヨガのリラクゼーションが必要なことが良く分かった。

2、呼吸が、自分の上体をコントロールできるものだと言うことを知って驚いている。

3、色々と活用できそうだ。

4、健康ウォーキングと言う視点が大切であると改めて確認できた。

5、自分の為にもヨガで柔軟性を得たい

6、楽しかった

7、大変有意義な学びであった。

調査研究事業 クアオルトウォーキングについての近況報告

2015年4月1日 水曜日

2015年3月11日に「日本クアオルト研究機構」が発足しました。
http://kurort.jp/

当連盟は協力会員として、理事長、副理事長の2名が登録されました。 
今後は各界研究者とともにヨガにおけるリラクゼーションの効果の研究を推進していくことになります。

調査研究事業 クアオルトウォーキングについての近況報告

2014年11月19日 水曜日

当連盟の調査研究事業に、国民の健康長寿への意識を向上させることを目的としたドイツ式国民健康法「クアオルト 」に取り組む事業があります。
その推進拠点地となる山形県上山市の取り組みが厚労省主催の「健康寿命をのばそう!アワード」で表彰されました!

■ 第3回 健康寿命をのばそう!アワード の詳細はこちら
http://www.smartlife.go.jp/award/
■ スマート・ライフ・プロジェクトの詳細はこちら
http://www.smartlife.go.jp/

蔵王かみのやま温泉クアオルトのページでも紹介されています。
http://www.city.kaminoyama.yamagata.jp/site/kurort/awadojyusyou.html

青森県青森市  「健康経営」推進キックオフ・フォーラム報告

2014年10月14日 火曜日

青森エリアで行われた、最新ドイツ式健康ウォーキングの活動報告です。

————————————————-
青森商工会議所さんが「旅と健康」をテーマに取り組んでおります最新ドイツ式健康ウォーキングが、「健康宣言」されております市内の企業さんとの、プログラムの提供開始を記念するキックオフ・フォーラムが9月16・17両日開催されました。

浅虫温泉地域での「海山クアの道」が商品化され、9月27日、一般に公開されますが、その前に関係者やプレスに発表されたフォーラムでした。

今回ウォーキング参加の皆様には、血圧・心拍数等のデータを提供していただき、大学での分析、結果は直接ご本人にお知らせすることになりました。

日本YOGA連盟はクアオルト研修室(上山市)との、共同開発組織として大きく関わっており、壇上ではヨガの呼吸法の実践も行われ、マスコミにも取り上げられました。

日本YOGA連盟会員(正・賛助)当日参加者8名はガイドとして本格的な取り組みとなり、多少の緊張感を持ちながらも無事に終わり、たくさんの反省点は今後に活かしてまいります。

 

気候性地形療法におけるヨガ実技講習開催の報告

2014年5月16日 金曜日

【日時】2014年4月30日~5月1日
【参加人数】33人
【参加対象】ヨガ連盟の会員(クアオルト推進部)、医療関係者、上山市温泉クアオルト協議会員、山岳ガイドさん

【内容】
連休前半、山形県上山市保健センターにて気候性地形療法におけるヨガ実技講習が開催されました。
主催はクアオルト研究室、 NPO法人日本ヨガ連盟は共催となります。

ドイツのクアオルトにおける気候性地形療法の中では、歩くという緊張と、水中運動や自立訓練、ヨガなどの緩和(リラクゼーション)は組み合わせて処方されています。
そのため緩和の手法を学ぶことは、気候性地形療法はもとより、クアオルトの要素として欠かすことのできないものです。
そこで、上山市の気候性地形療法ウォーキングコースに合わせたヨガのプログラムを学び、コースを充実化させるべく日本ヨガ連盟は共同開発組織として講演・実技研修をしました。

初日の学びをもとに、翌日は実際にコース(西山コース)を歩き、どんなリラクゼーションが適当かを学びました。講師は理事長、副理事長です。
お天気にも恵まれて、まさに気候性地形療法の効果を感じることができた研修会でした。

写真はドイツミュンヘン大学認定のウォーキングコース、早朝毎日ウォーキング「葉山コース」の「恋人たちの聖地」での集合写真です。


上山市長さんも毎日このコースを歩いて、お腹周りもすっきりとしたというお話を伺いました。

健康寿命を延ばす一助としての国民健康法、クアオルト推進への取り組みは、調査研究事業の柱としてますます活発化していくことでしょう。

クアオルト体験ツアー参加者募集(9/17締切)

2013年9月6日 金曜日

 日本初で唯一!本場ドイツ・ミュンヒェン大学認定コースでクアオルト健康ウォーキング!

 かみのやま温泉 クアオルト

クアオルト(Kurort)はドイツ語で、クア(Kur)が「治療、療養・保養のための滞在」、オルト(Ort)が「場所」を意味し、ドイツで国を挙げて取り組んでいる国民健康法です。
クアオルト=「気候性地形療法」は、その地域の気候や天候の自然要素と勾配のある地形を活用したウォーキングによって、心身の健康効果を引きだすことができる療法として世界中から注目されています。
今回は、そのクアオルトを学び体験できるとともに、太陽の下でのウォーキングによって得られるセロトニン効果のお話や実技をその第一人者から学べる研修となります。
会員の皆様、是非ご参加下さい。

 

 

日 程 : 2013年9月21日(土)~22日(日)

 
日付 時間 行程
9/21() 13:00~16:30

山形県上山市保健センター2F健康教育室

セロトニン講演会・有田秀穂氏
セロトニンヨガ実技講習・龍村副理事長
宿泊先へ異動
18:00 夕食交流会「時代屋」
9/22(日)  6:00 クアオルト体験・葉山コース
 7:30 朝食
 9:00 クアオルト体験・ドイツ認定コース
 13:00 昼食「こんにゃく番所」
 14:30 ぶどう狩り体験
 16:00 終了、解散

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定 員 : 17名

参加費 :お部屋のタイプにより参加費が異なります。お申し込み時に、どちらかお知らせください。

① 通常客室(41部屋)19,500円

② 貸切別亭「時」(131)14,500円

(講演・講習会参加費、12食付き宿泊費、クアオルト体験、2日目昼食、ぶどう狩り入園料、バス代を含む)

※ご希望の方に、宿泊施設のパンフレットを差し上げます。

※申し込みの締め切り、キャンセル受付は9月17日といたします。

 

ちらしはこちらから、ご覧いただけます。

 

申し込み・問い合わせ先

 NPO法人日本YOGA連盟事務局

電話06-6328-7766

E-mail. info@npo-yoga.com

ページトップへ戻る